独自の色彩と温かみのある作品が世界中から支持される写真家・花田智浩の写真展「Today is a better day」が大手門”LIBRISKOBACO”にて開催されます。

福岡は大手門のフォトギャラリー兼写真集専門の本屋”LIBRISKOBACO”にて写真家・花田智浩による写真展 「Today is a better day」 が開催されます。

本展では、花田氏がドイツ留学中にベルリンの路上駐車の車を撮影した「Car Reflection」シリーズや、その後帰国した福岡で現在進行形で撮影しているビル郡など家と家の隙間を写した間、色、形が混ざり合う建築物を撮影した「Element of Architecture」の作品を中心とした展示となっているそう。

なにげない日常の風景は、誰の視点でみても果たして同じなのか。 いま目の前にある美しいといわれているものは本当に美しいのか。 問いや疑問を織り交ぜながら、花田氏の写真はその答えがなんであるのかと、独自の素直な色彩で投げかけてくる。

“アートとは当たり前で、そして生活の中にある1つの単純な喜びである”と語る氏がベルリンで感じた空気感をそのままにコンセプシャルであるのになぜか温かみを感じる色彩豊かな作品の数々を必見。

素晴らしいモノやコトとの出会いは心が豊かになる。
こんな時だからこそ、氏の作品に触れて見て楽しんでみてはいかがでしょうか。

花田智浩写真展 「Today is a better day」

日程 / 2020年6月10日 – 7月19日
時間 / 13:00 – 18:00
会場 / LIBRIS KOBACO
住所 / 福岡市中央区大手門3-2-26 401

コロナ対策
・スタッフの朝の検温
・マクスの着用
・カウンターや扉の取手の消毒
・窓や扉の解放 など

ご来店の方へのお願い
・マスクのある方は着用でご来店をお願いいたします。
・手を消毒させて頂きますのでご協力をお願い致します


花田智浩
https://www.tomohirohanada.com/
1986年福岡県飯塚市出身。身近な物事からアイデアを引き出し、写真でしか表現できない物に目を向けてコンセプシャルな作品を制作。大村美容ファッション専門学校を卒業後、単身NYへ渡米。 NYでファッションデザイナーのアシスタントを経験後、ロンドンにてファッションスタイリストとして活動する。 2014年 写真家活動を開始。2015年ベルリン写真専門学校 Neue Schule Fotografie入学。卒業後より、フリーランスフォトグラファーとしてベルリンを拠点に活動。10年の海外生活を終えて、2019年7月から生まれ育った福岡に拠点を変えて活動中。

park