写真家・草野庸子福岡初となる個展「眺めている」が博多のコンセプトショップFROM WHERE I STANDで開催されます。

出掛けるのも億劫になる梅雨も明け、外遊びに思い馳せる文月末。そんな皆様にパーク一押しの写真展のお知らせです。

若き写真家 “草野庸子”福岡初となる個展「眺めている」が博多のコンセプトショップFROM WHERE I STANDにて開催されます。

〜毎日流れるような景色の中にいる。意識が追いつくまでもなく、カーテンから薄く漏れる光の中で、ただ漂うのみだ。〜

アーティストのジャケット写真、ファッション誌、広告など幅広い分野で活動する一方、彼女個人のSNSでは身近なシーンや同世代の若者のあり様をとらえた何気ない写真が多く感じる。

彼女の「眺めている」世界とは一体どんな風景が広がっているのだろう。気にならない?会期初日の8月2日は本人も在廊しオープニングパーティーも開催されるようなのでこちらもお見逃しなく。

世界には僕たちの知らない風景があったり、文化があったり、人々の営み(生活)がある。若き才能のフィルターから覗く世界、共に眺めてみませんか?

草野庸子写真展「眺めている」

会期/2019年8月2日(金)〜8月12日(月)
会場/FROM WHERE I STAND
住所/福岡県福岡市博多区博多駅南1-19-18
電話/092-433-1139
時間/11:00〜22:00 会期中無休
http://fwis.jp

草野庸子
https://kusanoyoko.tumblr.com/
1993年福島県生まれ。桑沢デザイン研究所卒2014年にキヤノン写真新世紀優秀(佐内正史選)選出。2017年写真集『EVERYTHING IS TEMPORARY(すべてが一時的なものです)』をpull the woolより刊行、2018年『Across the Sea』をroshinbooksより刊行。


park