CCS FILMSが仕掛ける「Late Show – Suspiria(2018)」の模様をお届け。静と動が入り混る未知なる一夜。

 

福岡の謎のクリエイティブ集団「週末CITY PLAY BOYZ」のメンバーであるpen publicがプロデュース。昨年オープンし今や福岡を語る上で欠かす事のできない話題のカルチャースポットMERICAN BARBERSHOP FUKとコラボし仕掛ける”Late Show”

独自の視点や感性で映画作品を再定義し、作品と、それに沿ったライフスタイルを俯瞰的に照らし合わせ、ニュースタンダードな見方、感じ方を提案する今イベントですが、第2回目となる今回は先日リメイク版が公開され多方面で話題を読んでいる「Suspiria(2018)」を題材に開催。

Pen Publicによる渾身の空間演出、自身も所属する週末CITY PLAY BOYZのライブなども行われ、映画の余韻に浸りつつフロアでダンスする狂乱(良い意味で)の一夜となった。

—————————————————–

心を虜にされ、魂を伸びた爪でかき乱される。

アートテロという言葉に最もふさわしく、
耐えきれない程の寒い夜。

指先から流れ落ちる紅血
背後から誘われるような声色を帯びた夜風の音、
偏狭な心の奥を狂気で満たされ、イデオロギーをも侵す時間の流れ。

美しく恐ろしい旅へと誘われるその2時間32分のまま、
劇場を後にしてもその拘束からは抜け出せない。

濃密で芳醇な狂気に揺れ、
冷えた体のまま、タバコに火をつける。

二杯目のコーヒーもぬるくなり、乾いた空に薄くため息のような頼りない煙だけが漂った。
(文・ヨシマツユウヤ)

 

 

MERICAN BARBERSHOP

福岡県福岡市中央区警固2丁目13−7 B2
https://www.instagram.com/mericanbarbershop/

park