福岡で今一番気になるクルー。cheese cheap shopによる展示販売会「at home -Fictional Exhibition-」が開催されます。

cheese cheap shop“というデザインチームを知っていますか?福岡を拠点に活動、イラストは先日のFFISでの展示も大盛況だったPen publicが担当。彼らはデザインチームとは別に週末City Play Boyz(街のイケてるヘッズ達の中で密かに噂されている)としての顔も持つ、今福岡でもっとも注目すべきクルーだ。 彼らのように多様なフィールドで自分達の好きを貫き表現をしているクルーは日本広しといえど、あまりいないのでは。

そんな彼等が満を持して行う展示販売会。気になるよね。うん、分かります…
今回の展示では、cheese cheap shopのアートワークや今回の展示限定のTシャツなどの販売を行う。

下記は今回の展示のストーリー。展示前に一読して見て欲しい。彼等の世界観をこれでもかってくらい堪能できるはずだ。

いつもよりちょっとお洒落をしてさ、そうだな、マイメンでも良いし、気になるあの娘を誘ってみてはいかがでしょうか?新しい楽しい”何か”に出会えるはずです。

 

“1984年に発表されたニューヨークはマンハッタンの超高層ビル群の夜景を背景に歌うLIVEで有名なSadeのSmooth Operatorは圧巻である。”

両親が日本へ移住して早9年。
娘を愛する2人のスローライフをご覧いただけます。(架空です)

-at home –
PM9:30。
母はフレンチプレスでコーヒーを淹れ、
父はソファに腰掛け、Jamesonをダブルで飲む。
両親共々、娘のことをこよなく愛していた。

今から19年前、
娘が40歳を迎えた1999年の年越しは、
夫婦水入らずで日本で迎えた。
当時のフライトの関係で、
三週間の少し長めの滞在となったが、
そのお蔭もあり、2人とも次第に日本の虜になっていった。
不動産会社に勤めており、
1997年より日本へ転勤となった従兄弟Jammyの後押しもあり、
2009年より日本でのスローライフが実現した。

ソファとローテーブルのみのリビング。
吹き抜けの天井には妻こだわりの照明。
街からほんの少し外れた、川の近くの古い小さな日本家屋だ。

見渡せば、部屋の至る所に、
写真や、陸上大会に入賞した時の賞状、初めて歌手オーディションに合格した当時のポスター、好きが高じて作ってしまったTシャツ、従兄弟のJammyが趣味で描いた彼女のイラスト。
家の中には、彼女の幼少期からの思い出が大切に保管されている。
日本でのスローライフも、来年で10年を迎える。

※全て架空です。実在する人物や団体などとは関係ありません。

cheese cheap shop at home -Fictional Exhibition-

日程/2018年7月20日 – 2018年8月5日
時間/20時 – 6時(平日)18時 – 6時 (週末)
会場/cafe&barSOFT
住所/福岡県福岡市中央区春吉2丁目1-2

cheese cheap shop
https://www.instagram.com/cheesecheapshop/

〜パーティーの横でダンスする〜
早朝、眠気覚ましに某Coffee ShopでCoffeeを飲んでいたり、
休日に某Hamburger店で口についたケチャップを拭くときに思いつきそうなアイディアを表現しました。

park