イラストレーター「アサノマイコ」の描く世界観。4月14日より大名switchにて作品展が開催されます。

「初恋はカルピスみたいな少女だった」

誰もが体験したことがある初恋の葛藤やモヤモヤした心情、この絵を見てそんな当時を思い出したのは私(男子)だけではないはずだ。

そんな女の子の悲しみとやるせなさ、強がった寂しさの感情を、ポップな色彩で描く注目の若手クリエイター”アサノマイコ”が作品展を開催するとなると気にならないわけがない。

彼女の描くイラストはどれも表情が良い。どうしてこんな表情しているんだろう。その繊細で独特な色味と合わせて見ると、彼女の世界観に惹き込まれる。

催事中、新作の作品はもちろんグッズの販売もあるようだ。友人同士はもちろん、気になるあの娘を誘ってもきっと楽しめる内容になっている。

春の訪れと共にやって来る、寂しげで儚くて愛おしい”アサノマイコ”の描く作品展。是非会場に足を運んで見てはいかがでしょうか?

 

アサノマイコ展

日程/2017年4月14日 – 4月22日
時間/10:00 – 20:00
会場/switch
住所/福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル2F
問い合わせ/092-722-6353

 

福岡在住のイラストレーター。アパレル会社勤務を経て、2013年より活動開始。
クラブイベント等でのライブペイント、雑誌のカバーイラストなど精力的に活動。
東京、福岡各所で作品展示も開催、その儚げな表情、繊細な色味のイラストは男女問わず見る者の胸を締め付ける。

park